ウィーンで日本食が食べたくなったら①

ウィーン旅行中外食が続いたり、ウィーンに在住していたりすると、どうしても食事がカロリーの多いお肉料理ばかりになりがち。懐かしいふるさとの味が恋しくなって、日本食が食べたい!なんて思うこともあるのではないかと思います。

ウィーンには、おいしい日本食を食べることができるお店がたくさんあります。今回は筆者お勧めの日本料理屋さん、Sakai、Daihachi、そして雲海という3つのレストランをご紹介したいと思います。

1.Sakai (さかい)

ウィーン8区にある、小さな日本料理屋Sakai。ウィーンのグランドホテル内にある雲海という日本料理屋で15年間働いていたシェフが独立して、2013年に開店したばかりの比較的新しいお店です。小さなお店ながらこのサカイでは、本格的な日本料理が楽しめます。

入口も日本の雰囲気。

お店の中も、障子などがあって、とても日本らしい内装です。テーブル席がほとんどなので、床に座ることに慣れていない外国人と一緒に訪れても心配ありません。

お店は自体は、そう大きくなく、こじんまりとしていますが、日本人にも地元の人たちにもとても人気のあるお店です。予約をしないで訪れると、ほぼいつも満席なので、必ず予約してから行くようにしましょう。

毎週日曜日の午前中に行われる寿司ブランチは特にお勧めです。

大人は一人29ユーロ、3歳から10歳までの子供は15ユーロで、握りたてのお寿司の食べ放題を楽しむことができます。お寿司の他にも、揚げ物などのビュッフェもあるので、お寿司が食べられるかどうか自信のない外国人のお友達と一緒でも大丈夫です。お寿司でお腹がいっぱいになった後は、和のデザートも楽しむことができます。

寿司ブランチは、いつも予約でいっぱいになっていることが多いため、行きたい日が決まっているのならば数週間前には予約をしたほうがよいでしょう。

おいしい日本食が食べたいのならば、断然お勧めなSakaiですが、難点を一つ言うとすれば、やはり少し値段が高めだということ。

予算を抑えて、Sakaiの料理を楽しみたいという場合は、土曜日のランチであれば、ドリンク代も含めて20ユーロ程度で食事をすることができるでしょう。

 

Restaurant Sakai

住所: Florianigasse 36, 1080 Wien

電話: +43 1 729 6541

営業時間: 水曜日から金曜日17:30から23:00  土曜日11:30から14:30, 17:30から23:00

日曜日11:30から14:30, 17:30から23:00

アクセス:市電5番線のLaudongasseまたはFlorianigasseから徒歩3分

 

2.Sushi Bar Daihachi (ダイハチ)

ウィーン一区、日本大使館にほど近いHotel de France(ホテル ドゥ フランス)の中にある、寿司バー ダイハチは、日本で料理の修行をした台湾人のシェフの、本格的な日本料理が楽しめるお店です。

ホテルの建物の角にある入口から中に入ると、1階はカウンター席。階段を上がって2階に上ると、日本風な装飾の小さな部屋に、テーブル席があります。

シェフは日本語が堪能なため、一人で訪れるのならばカウンターに座って、料理をするシェフと会話をしながら食事をするのも楽しいです。

このお店のお勧めは、何といってもお得なお昼のランチメニュー。海のないオーストリアでは、新鮮な魚を手に入れることがとても難しいのですが、ダイハチのお寿司の魚はとてもクオリティが高いです。

また、このレストランならば、外国の日本風レストランにありがちな、ぎゅうぎゅうに握られた、やたら大きなシャリのお寿司が出てくる心配もありません。ここのお寿司のシャリはちょうどいい大きさで、ふんわりと握られていて、まるで日本でお寿司を食べているような気分になります。

値段も、ランチであれば10ユーロ前後ととても良心的。メニューのバリエーションも豊富です。

ただしお昼のランチメニューは、お寿司のみなので、生ものが苦手な人や妊婦さんはディナータイムに訪れることをお勧めします。

 

Sushi Bar Daihachi

住所: Heßgasse 7, 1010 Wien

電話: +43 1 3179981

営業時間: 月曜日、木曜日、金曜日12:00 から 14:00、18:00 から23:00

火曜日12:00 から 14:00 水曜日、土曜日18:00 から23:00

アクセス: Shottentor駅から徒歩3分

 

3.Unkai(雲海)

Þ

ウィーン一区、リンクと呼ばれる環状道路沿いに建つ、グランドホテルの中に入っている日本食レストラン雲海は、ウィーンの高級日本料理店。

1階にはリンクの道路に面して、小さな雲海の寿司バーがあり、モダンな雰囲気のカウンター席、またはテーブル席でお寿司を食べることもできますし、お寿司のテイクアウトをすることもできます。テイクアウトできるお寿司の詰め合わせの種類は5種類あり、15ユーロから29ユーロとなっています。

ホテルの入口をくぐり、エレベーターで7階に上ったところにある、レストラン雲海は、明るくエレガントな雰囲気で、大変高級感があります。ここではお寿司以外にも、様々な日本料理を楽しむことができます。

レストラン内は広々としていて、とても居心地が良いです。

雲海には4部屋の個室があり、予約をすれば個室で食事も可能です。4部屋の個室のうち、2部屋はヨーロッパスタイルの部屋で、2部屋は畳の和室。和服を着たお店の人が給仕をしてくれるという、伝統的な日本のスタイルのお店なので、外国人と一緒に行くと感動してもらえること間違いなしです。

雲海のお勧めは、鉄板焼き。目の前で料理をしてくれるタイプのお店は、ウィーンでは大変珍しいです。火曜から土曜には、鉄板焼きビジネスランチがあり、前菜、鉄板焼きのメインディッシュ、デザートの3コースで36ユーロと、お得な値段で鉄板焼きのコースを楽しむことができます。

また、土曜日と日曜日、月曜日以外の祝日に行われる、寿司ブランチもお勧め。

大人一人33ユーロ、4歳から11歳までの子供はその半額で、握りたてのおいしいお寿司の食べ放題を楽しむことができます。

雲海は、高級日本料理店ということもあり、予算はウィーンにあるほかの日本料理店よりも高めです。しかし、立地も良く、料理のクオリティも高く、サービスも素晴らしいので、訪れてみれば必ず満足できるお店なのではないかと思います。

 

Unkai

住所: Kärntner Ring 9, 1010 Wien

電話: +43 1 515 80-9110

営業時間: ランチ 火曜日から日曜日12:00から14:30、ディナー 毎日18:00から22:45

(1階の寿司バーは、毎日11:00から23:00)

アクセス: Karlsplatz駅から徒歩2分

 

いかがでしたか?

それぞれのお店に、それぞれの個性と味があるので、ついすべてのお店を訪れてしまいたくなってしまいますね。今回ご紹介したレストラン以外にも、ウィーンには素晴らしい日本料理屋さんがありますので、それらのレストランの情報は次回ご紹介したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です